好きなように使っていいんです!レンタルスペース驚きの利用

>

テーマは、読書

本屋という空間

都心にある本屋さん、入場料金を支払って入る本屋ですが、この本屋なんとシャワールームや個室もあるのです。
本を選ぶことも出来るし、夜通し読書することもできます。
飲み物は飲み放題で、女性は、女性専用のフロアも用意されています。
メイクを落としたり、メイクをするための施設も用意されています。
最近オープンした別の入場料がある本屋さんもそうですが、本屋といえども、ただ本を選ぶ、買うだけでなく、本と本を読むための環境やその空間を楽しむ為の場所を提供するサービスであるといえます。
他にも、カフェが提供しているカフェに併設された施設では、コーヒーの値段で、置かれている本を好きに読むことが出来ます。
その空間に対して、利用者はお金という対価を払うのです。

空間の進化

一昔前からあるネットカフェや漫画喫茶などのスペースも、最近では個室が充実し、シャワールームが併設されていたり、数人で利用が出来る広々とした個室があったりと進化してきています。
こういった施設は、ほとんどの場合が入場料を支払って入店します。
中に入ると部屋は半個室になっていて、飲み物を好きなだけ飲めたり、本や漫画が読み放題だったりとサービスが充実しています。
最近では、完全防音個室の部屋に大型スクリーンがあって、映画を楽しめるところもあったり、プライバシーを守る鍵の掛かる部屋もあったりと利用する人に合わせたプランが用意されています。
部屋そのものよりも、この空間を楽しみたい人にはぴったりのスペースです。


この記事をシェアする